2018年1月1日、AIU損害保険と富士火災海上保険は、合併による経営統合を行い、「AIG損害保険」として生まれ変わりました。

HOME > 保険内容のご案内 > 建設業向け任意労災 > ハイパー任意労災の特徴

充実の補償!建設業の労災上乗せプラン!

AIG損保のハイパー任意労災のご案内

業務災害総合保険(業務災害補償特約・休業補償保険金支払特約・使用者賠償責任補償特約 等セット)

ハイパー任意労災の6つの特長!

高額化する労災訴訟への備えとして、
最高3億円(注)までの損害賠償責任に対応!!
下請企業が被る損害賠償責任についても補償します。
また、労務トラブル発生時に、訴訟問題に発展させないよう弁護士に相談する費用を補償します。

※ 損害賠償保険金の支払いにあたっては、政府労災保険などによる給付決定、または業務災害・通勤災害に該当しないことを理由とした不支給決定が必要となります。
(注)事業内容によっては引受限度額が1災害最高1億円になります。

死亡・後遺障害はもちろん、
休業医療費用も補償します。

従業員、下請の事業主、下請作業員、一人親方などが現場などでケガをした場合や、就業不能となった場合の休業、実際に負担した治療費用を補償します。


労災認定を待たずに、保険金を貴社に
お支払いします。

受けとられた保険金は、その全額を貴社から従業員やそのご遺族にお支払いいただきます。

(注)労災認定が必要な補償や、代替の人材採用などの会社費用に充当できる補償もあります。

事業主・役員・従業員はもちろん、パート・アルバイト、
下請全員を補償の対象にすることができます。
労災の特別加入制度に未加入の一人親方および事業主も
補償の対象となります。

契約者が元受の場合の補償範囲

経営事項審査(労働福祉の状況:W1)で15ポイント加点されます。

※加点のための要件を満たすご契約内容が必要です。(2018年4月現在)

業務に起因して生じた熱射病・日射病も補償します。

資料請求

保険金をお支払い出来ないケース

  • 故意・犯罪・戦争行為によるもの
  • 自動車などの無資格・酒酔・麻薬等による運転
  • 放射線照射や放射能汚染
  • 他覚症状のないむちうち症・腰痛など
  • 地震・噴火、これらによる津波による事故(特約を付帯する事により補償可能です)

…など

このホームページの情報は、当該商品のパンフレットの付属資料としてご覧いただくものです。
ご検討にあたっては必ず当代理店より説明を受け当該商品のパンフレットをあわせてご覧下さい。
ご契約に際しては、事前に重要事項説明書(契約概要・注意喚起情報)を必ずご覧下さい。
※お問い合わせ先 0120-361-436 (株)プライムインシュアランス
承認番号
18G18435 AIG損害保険株式会社 神戸営業支店

▲ページの先頭へ


資料請求・お問合せはこちら

close