2018年1月1日、AIU損害保険と富士火災海上保険は、合併による経営統合を行い、「AIG損害保険」として生まれ変わりました。

HOME保険内容のご案内事業総合賠償責任保険 > 基本となる補償を拡大する特約

賠償責任保険のご案内

基本となる補償を拡大する特約

OPTION1 業務遂行・施設

工事中に作業対象物も一緒に壊してしまった!

作業対象物損壊担保特約
作業対象物損壊担保特約(増額型)

貴社の工事の遂行中、工事場内における仕事の対象物(他人が所有するものに限ります。)のうち、直接作業が加えられていた部分に生じた損壊による賠償責任を補償します。

工事中に作業対象物も一緒に壊してしまった!
支払限度額・自己負担額
支払限度額
  • ・保険期間中500万円
  • ・(増額型)は、保険期間を通じて業務遂行・施設リスクの支払限度額(対物)または3億円のいずれか低い額
自己負担額 業務遂行・施設リスクの自己負担額(対物)
事故例

内装工事中、壁面のエアコンをはずそうとしたところ、あやまってエアコンを落下させてしまい、エアコン自体を壊してしまった。

保険金をお支払いできない主な場合
  • 作業によって通常避けることのできない変色、摩耗、縮み、品質劣化等
  • 通常の作業工程上生じた修理、点検もしくは加工の拙劣または仕上不良等
など

OPTION2 業務遂行・施設

元請負人から支給された資材が盗まれた!

建設受託物損害担保特約
建設受託物損害担保特約(増額型)

貴社の工事遂行のために①借用する建設機械・器具等や事務所等の仮設建設、②元請負人・発注者から支給された材料・資材等、③一時的に預かる施主の家財等の財物の損壊、紛失または盗取・詐取についての賠償責任を補償します。

  • ※①では、車両登録されたダンプカーを除きます。
  • ※②では、完成後引渡しを要するものに限ります。
  • ※①、②については、工事場内にある場合および陸上輸送中(建設受託物を自走している場合を除きます。)である場合に限ります。
元請負人から支給された資材が盗まれた!
支払限度額・自己負担額
支払限度額
  • ・保険期間中500万円
  • ・(増額型)は保険期間中1,000万円
自己負担額 業務遂行・施設リスクの自己負担額(対物)または1事故5万円の
いずれか高い額
事故例

夜間に工事現場の倉庫に保管していた元請負人からの支給資材が盗まれてしまった。

保険金をお支払いできない主な場合
  • 組立・加工・修理等の作業を加えることにより生じた建設受託物の損壊
  • 引渡し後に発見された建設受託物の損壊、紛失または盗取・詐取
  • 建設受託物の損壊・紛失等による使用不能
  • よごれ、かき傷などの外観上の損壊で、建設受託物(①)が本来有する機能または用途を阻害することのない損壊
  • 偶然な外来の事故によらない電気的・機械的な原因により生じた建設受託物(①)の損壊
など

OPTION3 生産物・完成作業

引渡し後に事故発生!工事箇所も壊れた!

仕事の目的物の損壊担保特約
仕事の目的物の損壊担保特約(増額型)

貴社が製造・販売した生産物、引き渡した仕事の結果による対人・対物事故が発生した場合において、その生産物・仕事の結果自体の損壊による賠償責任を補償します。

  • ※生産物・完成作業リスクで引受保険会社が損害賠償金に対して保険金を支払った場合に限ります。
引渡し後に事故発生!工事箇所も壊れた!
支払限度額・自己負担額
支払限度額
  • ・保険期間中500万円
  • ・(増額型)は保険期間中1,000万円
自己負担額 なし
事故例

エアコン設置に伴う配線工事の施工ミスにより、引渡し後に火災が発生した。室内の壁面のほか、工事の目的物であるエアコンも損壊してしまった。

資料請求

このホームページの情報は、当該商品のパンフレットの付属資料としてご覧いただくものです。
ご検討にあたっては必ず当代理店より説明を受け当該商品のパンフレットをあわせてご覧下さい。
ご契約に際しては、事前に重要事項説明書(契約概要・注意喚起情報)を必ずご覧下さい。
※お問い合わせ先 0120-361-436 (株)プライムインシュアランス
承認番号
18G18435 AIG損害保険株式会社 神戸営業支店

▲ページの先頭へ


資料請求・お問合せはこちら

close